ロゴ

広島のあまりに美しい援交人妻さん

人妻


今回は広島からのご報告です。

ハピメを通じて出会ったのは、31才の援交女子。人妻です。そしてすごく端正なお顔をした美人さんでした。話し方も聡明で、言葉の選び方などにも教養を感じます。

援交女子と出会ったとき、しばしば思うことですが、いったいなぜ彼女のように美貌も教養も備えた女子が、私のような見知らぬ中年男とセックスする気になるのでしょう。

彼女はどうやら金融関係の仕事に就いているらしく、どうみてもお金に困っているようにはみえません。

とはいえ、仮に援交する理由がわかったとしても、気持ちのいいセックスができるわけではありません。

私は無粋なことは忘れて、エッチに集中することにしました。


美しいの写真


すでにみなさまもお気づきのとおり、舐め犬である私は重度のクリトリスフェチでもあります。

あんなに小さな部位でありながら、ペニスの10倍近くの神経が行き交っているといわれているあの突起がとても愛おしく、どんな形状であれ、サイズであれ、興味が尽きることはありません。

彼女はお顔だけでなく、裸体もたいへん綺麗な女子でした。肌が白く、なめらかなのです。舐め犬的にいうとたいへん「舐め心地のいい裸体」ということになります。

しかしながら、彼女の裸体の中には一か所だけ、非常に「舐めずらい部位」がありました。

はい。その部位はマンコでした。


出会い


それはかつて見たこともないほど複雑な形状をしたマンコでした。

小陰唇はただれたゴムのように長く伸びきった状態で外性器からはみ出しています。しかもそれは左右非対称で、色も黒ずんだグミ色です。さらにその上部ではたるんだ包皮が重なり合い、敏感であるはずの部位が肉団子のように盛り上がっています。当然ですが、まったくクリトリスは露出していません。

いったいこのように美しい女性に、どうしてここまで醜いマンコが備わっているのでしょう。お顔や裸体の美しさと引き替えに、マンコだけに醜さが一局集中してしまったのでしょうか。

ところがこのあまりの美醜のギャップに、私はいつになく興奮していました。彼女が美しければ美しいほど、そしてマンコが醜ければ醜いほど、口の中に唾液がたまりました。

私は蛇腹のように折り重なったヒダを掻き分けながらマンコを舐め続けました。指で包皮をめくりあげると、そこから小粒の真珠のようなクリトリスがニュウっと飛びだしてきました。

それをみた私は興奮すると同時に感動さえ覚えました。

肉塊の中で眠り続けていたクリトリスはあまりに敏感でした。

「あ、ああ、いく、いっちゃう!」

彼女はおしっこをチビらせながら、アヌスの皺を揉んで、果てました。



若い援交女子が多い掲示板一覧です

※LINEのIDを交換ができるサイトですのでラインなら会話やメールも無料でできます。上記のサイトは初回登録でサービスポイントがもらえるのでラインと併用すれば2週間は遊べますよ♪


>> 最近、撮影した素人の援交女です!狙うべきポイントを紹介!


Copyright © 援交掲示板ナビ All Rights Reserved.